【WAIS-Ⅳ】言語理解(VCI)のIQが低い方の傾向と対策について解説

心理学
心理学

【WAIS-Ⅳ】言語理解(VCI)のIQが低い方の傾向と対策について解説

こんにちはここです

今回は、言語理解(VCI)のIQが低い方の傾向と対策について簡単に解説していきます。

少しでも参考にして頂ければ幸いです。


【WAIS-Ⅳ】知能検査についてはこちら↓

【WAIS-Ⅳ】言語理解(VCI)

言語理解のIQが低い方の傾向

言語理解のIQが低い方の傾向として、

・言葉による指示の理解が苦手
・言葉で分かりやすく正確に伝えるのが苦手
・暗黙の了解などの社会文化的な意味の理解が苦手


言葉の意味をうまく理解出来ず、それが原因で相手が伝えたいことや自分が伝えたいことがうまく伝わっていなかったりすることもあり、

学校や仕事などの対人面全般において、大変さが見られるかも知れません。

言語理解のIQが低い方の対策

言語理解のIQが低い方の対策として、

・説明理解を確認しながら進める
・知っている言葉を使って、新たな知識を獲得する
・言葉だけでなく、絵や図が入ったマニュアルなどを用意してもらう


言葉からの理解が比較的苦手な傾向にあるので、

絵や図などを使って説明して貰ったり、しっかり理解が出来ているか確認しながら進めていくと良いです。

自分が知っている言葉から、新たな知識を得たり、語彙力や表現力を高めていく事が大切です。

また、言語能力を高めるために、外国語を学んでみるのもおすすめです。

おすすめの本

大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる
13歳からの「気もちを伝える言葉」事典 語彙力&表現力をのばす心情語600 コツがわかる本ジュニア

タイトルとURLをコピーしました