学年最下位をとった私がIQテスト受けてきた結果。。【WAIS-Ⅳ】

心理学
心理学

学年最下位をとった私がIQテスト受けてきた結果。。【WAIS-Ⅳ】

こんにちはここです

今回は、高校生の時に学年最下位をとった私が、IQテストを受けてきたので、結果を晒していきたいと思います。

正直学校のテストは、ある程度やるかやらないかだと思うので、あまり関係ないと思いますが、タイトルが思い浮かばず。。


最下位だったけど高かった!なんて記事を書く予定だったものの、現実はそうさせてくれませんでした。笑


関連記事

IQテスト【WAIS-Ⅳ】を受けてきた

今回は、ゆうメンタルクリニック大宮院にて、WAIS-Ⅳという検査を受けてきました。

検査は説明なども含め3日間に分けて行われました。


1日目:医師の面談
2日目:検査
3日目:検査結果のフィードバック

ちなみに値段は約44,000円でしたが、相場は1万~2万と書かれておりました(泣)

WAIS-Ⅳとは

WAIS-Ⅳ(ウェイス・フォー)とは、Wechsler Adult Intelligence Scale「ウェクスラー成人知能検査」の略で、

心理学者のデイヴィット・ウェクスラーが考案した、大人のための知能検査です。

対象年齢:16歳~90歳11ヶ月
所要時間:2時間~2時間半


【WAIS-Ⅳの検査により把握できるもの】

・言語理解指数(VCI)
・知覚推理指数(PRI)
・作動記憶指数(WRI)
・処理速度指数(PSI)


これらの4つの能力を測定します。

自分自身の得意不得意を把握することが出来たり、ADHDをはじめとする発達障害、病気などを判断する手助けにもなります。


それぞれ簡単に説明すると、

・言語理解指数(VCI)は、

言語による理解力、推理力、思考力などの検査で、

言葉の意味を説明したり、共通点を探すテストを行いました。

・知覚推理指数(PRI)は、

視覚的な情報を把握し推理する力や視覚情報に合わせて体を動かす検査で、

積み木のパズルなどのテストを行いました。

・作動記憶指数(WRI)は、

一時的に情報を記憶しながら処理する能力の検査で、

数字の暗記などのテストを行いました。

・処理速度指数(PSI)は、

情報を処理するスピードに関する検査で、

適性検査などで行う記号探しのようなテストを行いました。


ちなみに全体のIQの分布はこのようになっています。

非常に高い〈IQ130以上〉2.2%
高い〈120~129〉6.7%
平均の上〈110~119〉16.1%
平均〈 90~109〉50.0%
平均の下〈 80~89〉16.1%
非常に低い〈 69以下〉2.2%

平均を100として、90~109が普通くらいです。

IQはまさかの、、89!!

結果はこうなりました。

全平均IQは89でした。なんかちょっとだけ悲しいですね。笑

ただ、緊張していたりするとストレスでIQは簡単に下がるので、ある程度の誤差は生じます。

言語理解 IQ83

言語理解のIQは83でした。


言語理解は、

類似:口頭で支持された言葉が、どのような点で似ているかを答えるテスト。

単語:指示された単語の意味を答えるテスト。

知識:一般的な知識に対する質問に答えるテスト。

の3種類の検査を受けました。


類似と単語については、ほぼ平均の結果でしたが、知識問題があまり出来なかったので、低くなってしまったのかなとも思います。


一般知識のインプット・アウトプットが良くなかったのか、この分野において苦手意識持っているかも知れないと言われました。

確かに、小さい時から国語など文章を読むのが嫌いで、感想文とかもかなり苦手だったので、文字に対しての苦手意識はありましたが、

知識に関する問題は正直アウトプットというよりも、そもそも知らないので、IQに関係あるのかと疑問には思いました。

言葉の意味を説明するテストや、言葉の共通点を探すテストも、意味を知らなければ当然説明は出来ないので、なんかなぁという感じです。


ただ、知識問題は簡単だとは思います。

・夏目漱石の作品は?
・江戸幕府初代将軍は?
・源氏物語の作者は?

的な問題を6つくらい出されました。3つは正解したみたいですが、徳川家康と紫式部は答えられませんでした。

夏目漱石のは「吾輩は猫である」を知っていたので答えられましたが、

国語と歴史は大嫌いだったので、徳川家康かな、、?とも思いつつも自信がなく、答えられませんでした。笑


という訳で、言語理解の能力が低いと判断されました。

なので、文字から意味を理解するよりも、耳で聞いたほうが理解しやすいかも知れないと言われました。

ちなみに日本人の言語理解能力は、高い方が多いそうです。


苦手な分野ではなく、得意な分野で何かをやっていった方が自分に負担にならなくて良いとは言われましたが、

私は今後ブログをやっていけるのでしょうか!笑

知覚推理 IQ95

知覚推理のIQは95でした。


知覚推理は、

積木模様:指示されたモデルと同じ模様を積み木で作るテスト。

行列推理:目で見たパターンを理解し正解を答えるテスト。

パズル:組み合わせると見本と同じ図形になるものを選ぶテスト。

の3種類の検査を受けました。


知覚推理の問題は、パズルのようなもので、よくネットで見かけるIQテストは行列推理の問題です。

このような問題をやったことありませんか?

これは、見たのももパターンなどを考える能力のテストです。


知覚推理の結果は、平均点ではあったので普通かなと思います。

ただ、実際は時間を計りながら行われ、心理士さんがどうですか?などと声をかけてくるので、

人によっては、少し焦ってしまいそうだなという印象はありました。私も少し緊張していましたね。

行動記憶(ワーキングメモリー) IQ97

行動記憶(ワーキングメモリー)のIQは97でした。


行動記憶は、

数唱:読み上げられた数字を決められた順に答えるテスト。

算数:口頭で指示された算数の文章問題に答えるテスト。

の2種類の検査を受けました。


数唱は、心理士さんが読み上げた数字を記憶しておいて、同じように答えるということをしました。

他にもバラバラに言われた数字を、小さい順に並び替えて答える問題なども行いました。

算数は、普通の算数の文章問題を頭の中で考えるテストと言う感じです。


動作記憶(ワーキングメモリー)に関しては、4種類の中で1番良い結果となりました。

良いと言っても平均以下ですが、笑


ただ、数唱などの単純な暗記は良かったのですが、算数のテストのように、複数の情報が一気に入ってくるのは少し苦手だったようです。

処理速度 IQ90

処理速度のIQは90でした。


処理速度は、

記号探し:ある記号がグループの中にあるかを判断するテスト。

符号:数字と対になっている記号を書き写すテスト。

の2種類の検査を受けました。


処理速度の問題は、学校などで行う適性検査に近いかなと思います。

記号に丸をつけていったり、沢山書き込むような問題ですね、これらもタイムを設けて行いました。


記号探しと符号関しては、出来た範囲内はすべて正解だったものの、IQは90と平均より少し低い数値となってしまいました。

私としては、それなりに速いペースで頑張ったつもりだったので、もっと高い方は凄いな~と感じました。


これで10問全ての問題が終わりました。

2時間~2時間半と書いてありましたが、1つ1つの問題の量はそこまで多く無かったので、1時間半で終わりました。


検査結果は後日、説明と一緒に渡されました。

まとめ

今回は、初めてIQテストを受けてきましたが、

学年最下位をとった、IQ89のただのおバk@さんという結果になってしまいました。笑

平均範囲ですし、生きていく上での支障を感じたことも無いので大丈夫かなと思います。

IQが高すぎても何かしら支障が出てしまったりするので、なかなか面白いものだなと思いました。


皆さんも自己理解の為に受けてみても面白いと思いますが、値段が高く病院にも3回行かなくてはいけないので、 特に必要がなければ、受けなくても良いかなと思います。

IQテストの他にも、遺伝子検査など面白いものがあるので、それで性格や病気の傾向などを見てみるのも面白いかも知れません。


自己分析遺伝子検査

自己分析遺伝子検査キット<Genelife Myself2.0(ジーンライフ マイセルフ)>性格や能力など87項目を解析

ではでは

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました