人を信じられなくなってしまう理由とは?人間不信を改善する方法

人間関係
人間関係 メンタル 考え方

人を信じられなくなってしまう理由とは?人間不信を改善する方法

こんにちはここです

なぜか周りの人が信じられない、どうせ皆裏切るんだろう。。

なんて考えながら過ごしている人は少なくありません。

一度そうなってしまうと、何を信じてどう対処していけば良いのかが分からなくなってしまいます。

今回は、なぜ信じられないのか、どうしたら周りの人を信じることが出来るようになるのかをお話していきます。

なぜ人を信じられなくなってしまう?

人を信じられない人の5つの特徴と原因

まずは、人を信じられなくなってしまう人の特徴や原因について、5つお話していきます。

1.そもそも人に対しての興味が薄い

他人に対してあまり興味が無かったり、最初からある程度距離をとっているタイプの人は、

信用以前の問題で、そもそもの関係性が出来ていないことがほとんどです。

変に中途半端な関係を作ってしまうために、お互いにすれ違いが起こったりして、相手を信じられなくなってしまいます。

2.最初から信用していない態度をとっている

最初から他人に対して「信用していません」という様な態度をとってしまっている人も良くいます。

信用していないような態度をとっている人に対して、信じようとは思いづらいはずです。

みんな信用できないからと、あからさまな態度をとっていると、周りはどんどん離れていってしまいます。

3.信用できない環境にいた

幼少期だけに関わらず、大人になっても、信頼できないような人が周りに沢山いる環境だと、

当然ですが、周りを信じられなくなってもおかしくはありません。

常に嘘をつかれてきた様な経験があると、人間不信になりやすくなってしまいます。

4.考え過ぎで不安性なところがある

もともと考えすぎてしまう性格の人や、不安性な部分がある人は、

相手に何をしてもらっても「本当に大丈夫かな」とか「何か裏があるのでは無いか」などと考えてしまいます。

相手を素直に受け入れる事が出来ない人は、疑心暗鬼になりやすく信用できなくなってしまうことが多いです。

5.プライドが高い

プライドが高い人は、一見自信があるように見えますが、プライドが高い人ほど自信の無い人が多いです。

自分に自信がないと、色々不安になり相手を信じられなくなってしまいます。

さらに主観でしか物事が見れないため、上から目線になってしまったり、自分の理想を押し付けてしまい、どんどん周りが離れていってしまいます。

信頼関係構築のステップ

信頼関係とは、簡単に築いていけるものではありません。

まずは、どのように信頼関係が築かれていくのか、知っておきましょう。

信頼関係を構築する5つのステップ

1.警戒心を解く

まずは、挨拶などをし「自分は悪い人ではない」ということを認識してもらい、お互いの警戒心を解いていく必要があります。


2.話す準備をする

次に、天気の話題など軽い雑談をしていくことで安心感が生まれ、初めて会話が出来るようになります。


3.情報を共有する

安心感が生まれた所で、自己開示や相手に対して質問をしていくことで、親密度が高まります。


4.共感をする

お互いに慣れてきた所で、感情を共有したりすることにより、より気持ちが通じていきます。


5.信頼を築いていく

ここで初めて信頼を築いていけるようになり、接していく時間が増えていくごとに信頼度が高まっていきます。


これらの段階をしっかり理解しておくことで、焦らずに適切な対応を考えていくことが出来ます。

人を信じるられるようになるには

人を信じられるようになるにはどうしていけば良いのか、考え方や具体的な方法についてお話していきます。

1.信頼関係はすぐには出来ない

まず1つ目は「信頼関係はすぐには出来ない」です。

信頼出来る人がいない、何でも話せる人がいない、など悩んでいる人は結構いると思いますが、

そもそも信頼関係とは、時間をかけてお互いに作っていくものです。

関係性が薄いにもかかわらず、一方的に相手に期待をして「裏切られた」と感じたり「やっぱりみんな信用できない」などと考えてしまう人がいます。

信頼関係とはお互いに築いていくものなので、片方だけが100%悪いということはほとんどありません。

心理学では親密な信頼関係のことを「ラポール」と言いますが、このラポールを形成するのには約3ヶ月かかると言われています。

そのくらい信頼関係の構築には時間がかかるということです。それを知っておくだけでも、考え方が少し変わってくると思います。

焦らずゆっくり、信頼関係を構築していきましょう。

2.なぜ信じられないのかを考える

2つ目は「なぜ信じられないのかを考える」です。

なぜ自分は人を信じられないんだろうと、考えたことはありますか?

ただただ「みんなどうせ信じられないんだ。。」などと考えていても、信じられるようにはなりませんし、信じられる人に出会えることもありません。


まずは、以下の3つを考えてみて下さい。

・信じられなくなったきっかけ
・相手のどこが信じられないのか
・どういう時に信じられなくなるか


・信じられなくなったきっかけ

信じられなくなってしまったきっかけなどを思い出すことにより、なぜそうなってしまったのかを理解することが出来ます。


・相手のどこが信じられないのか

相手の何がどのように信じることが出来ないのかを、具体的に書き出してみることで、客観的にみられるようになります。


・どういう時に信じられなくなるのか

相手だけでは無く、自分自身の状態によっても考え方は変わってきます。メンタルの状態や体調なども振り返ってみましょう。


これらをしっかり考えることによって、具体的な問題が見えてきたり、自分自身の考え方が偏っていることに気づけるかも知れません。


関連記事

3.みんな信じられないという考えを捨てる

3つ目は「みんな信じられないという考えを捨てる」です。

いきなりこの考え方を捨てるのは難しいかも知れませんが、

1番始めにもお話したように、相手が信頼できない場合に、そもそも関係性が出来ていないということが結構あります。

その原因として「みんなどうせ信頼できないんだ。。」という態度で接してしまっていることがあげられます。

自分の心の扉を閉じた状態で相手に近づいても、相手もあなたに心を許したいとは思えません。

その結果、お互いの信頼関係が築けていないため、勝手に「この人は信頼できない」と考えてしまうのです。

少し怖くなってしまう部分もあるかも知れませんが、自分が心を開いて相手を信じていく姿勢が大切です。

4.期待しすぎない

4つ目は「期待しすぎない」です。

期待をしすぎないというのは、何事においても大切なことです。

自分は信じていたのに「あの人はそれに応えてくれなかった」「裏切られた」「嘘をつかれた」などと考えてしまう人がいます。

私自身も、なんで約束したのに守ってくれないんだろうとか、なんでみんな口だけなんだろう。と思ってしまうことがあります。

しかし、それに対していちいち反応していては自分が疲れてしまいます。

疑うのは嫌なので相手のことは信じるけれど、相手が期待通りに動かなくても「仕方無い、そういう人なんだ」と思うようにしましょう。

信じたのは自分の勝手ですし、相手が動くかどうかは自分ではコントロール出来ない問題です。

自分と相手の問題をしっかり分けて考えることで、どんな事があっても冷静に対応することが出来ます。

自分に余裕ができると、自然と相手を信じていけるようになるかも知れません。

5.信じられる人を見つける

5つ目は「信じられる人を見つける」です。

自分自身が人を信じることが出来ないような状態にあると、どうしても周りを疑ってばかりになってしまいます。

自分の考え方を変えていければ、それに越したことはありませんが、自分だけでは難しい場合もあります。

そんな時は、信頼できる人を見つけていきましょう。信頼できる人とは、誠実な人です。

誠実な人は、言動と行動が伴っていることが多く、一緒にいることで自分の考え方も自然と変化していきます。

信じられる人を見つけるのも、人を信じていけるようになるための1つの手段です。

信頼できる人とできない人の特徴を簡単にまとめてみました。


信頼できる人の特徴

・口が堅い
・約束や時間を守る
・言い訳をせず謝れる
・人の悪口を言わない
・話を良く聞いてくれる
・他人の為に行動ができる
・中立的に物事を考えられる
・自分の言葉に責任を持てる
・駄目なことはしっかり指摘してくれる


信頼できない人の特徴

・嘘をつく
・悪口を言う
・責任感がない
・不安を煽ってくる
・感謝の気持が無い
・間違っても謝らない
・自分の話ばかりをする
・約束や時間を守らない
・人によって態度を変える
・困っている時だけ寄ってくる
・都合の良い意見しか言わない
・してもらうことしか考えていない


人は自分と似たような性格の人を好みます。

心理学ではそのことを「類似性の法則」「同属性の法則」などと言います。

ということは、あなた自身が信頼できる人になることによって、信頼できる人に出会いやすくなるということです。

まとめ

今回は、人を信じられない人の特徴や原因、改善方法についてお話しました。

いきなり人を信じるというのはなかなか難しいことなので、ゆっくり時間をかけて信頼関係を築いていけるようになりましょう。

ではでは

最期まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの本

マインドフル・セルフ・コンパッション ワークブック
タイトルとURLをコピーしました