コロナ禍で台湾から日本へ帰国する為に台湾台中市でPCR検査を受けてきた

日記
日記

日本へ帰国する為に台湾でPCR検査を受けてきた

こんにちはここです

今回は、台湾から日本へ帰国する為に、PCR検査を受けてきたので、どんな感じだったのかお伝えしていきます。

台湾でのPCR検査

私は、2021年の7月28日に、台湾の台中市で日本へ帰国する為にPCR検査を受けてきました。

日本に入国するためには、飛行機搭乗日から3日以内に検査した、コロナ陰性証明書が必要になります。

私は台中にいたので、臺中榮民總醫院という所に行ってきました。

日本帰国時のPCR検査証明書が発行が可能な医療機関【台湾台中市】はこちら↓

PCR検査の予約

PCR検査は、何週間か前に予約をしなくてはいけませんでした。

今回は、臺中榮民總醫院という病院に検査をしに行きました。

ネット予約をして、初診なのでコンビニで書類を印刷して、名前やパスポート番号、住所などを書いて持っていきました。

〈西屯區〉臺中榮民總醫院 
病院:臺中榮民總醫院
住所:臺中市西屯區福安里臺灣大道四段1650號
電話:04-2359-2525
営業時間:全曜日、24 時間営業

各病院ごとに予約方法は異なると思いますので、良く確認するようにして下さい。

検査当日

検査日になり、9時に病院に到着しました。

台中の中では結構大きい病院でした。

ここを通り過ぎて、急診ビルの方に向かいます。

外に並んで、目の前の受付で書類とパスポートを確認後、4500元を支払い、呼ばれるまで待ちます。

5000元払ったのに、500元返って来なかったんですよね、、笑

10分くらい待ちました。

外で検査を受けます。台湾は、ほとんど鼻に突っ込んでやる検査です。

すごく嫌だったのですが、思ったより痛くなかったので安心しました。笑

検査はすぐ終わりますが、その後に、右の小屋みたいな所で、健康状態やなぜ台湾に来たのかなど、少し聞かれました。

それが終わると、書類を渡され、16時にもう一度来て、書類を受け取りに来て下さいと言われました。

陰性証明書の受け取り

16時にまたやってきました。

病院に入り、番号札を受け取って待ちます。

結構たくさんの人がいました。

またまた、書類を受け取り、先程検査した所で、書類に記入をして貰います。

また、色々聞かれましたが、中国語も英語も話せないのでなんとなく、、

たぶん日本人なので、めちゃめちゃ英語で話しかけてくるのですが、英語の方が分からないです。笑

460元を支払い、なんとか陰性証明書をゲットしました。

台湾は、コロナがかなり少ないので、良かったですね、無事日本への切符を手にしました✌

合計約5000元、日本円にして約2万円程です。

私が日本で受けたときは、4万円もかかりましたからね、、検査高いです。

ではでは

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました