4つの不眠症タイプあなたはどれ?なかなか寝られない原因とは

健康
健康

4つの不眠症タイプあなたはどれ?なかなか寝られない原因とは

こんにちはここです

今回は、不眠症の4つのタイプ、それぞれの原因について、お話していきたいと思います。

実際、日本人の5人に1人が不眠で悩まされています。

まずは、自分がどのような不眠症のタイプなのか理解していきましょう。

それぞれの対策方法は、別の記事にて解説しております。

不眠症の4つのタイプと原因

不眠症は、大きく分けて4つのタイプに分けることが出来ます。

睡眠から来る体調不良などで、起きている間に支障が出たり、それらが1ヶ月以上など、長く続く場合に不眠症と判断されます。

単純に睡眠時間が短かったり長かったりしていても、起きている間に特に支障がなければ問題は無いと言えます。

自分がどの不眠症のタイプに当てはまるかを把握して、今後の対策に役立てていって下さい。

①入眠困難

1つ目は「入眠困難」です。

入眠困難は、布団に入ってから眠りにつくまでに、かなりの時間を要するケースです。

なかなか眠りに入れない原因は、布団に入ると色々考え事をしてしまうなど、心的な問題から来ると考えられます。

入眠困難だと考えられる方はこちら↓

②中途覚醒

2つ目は「中途覚醒」です。

中途覚醒は、睡眠中に何度も目が覚めてしまうというケースです。

途中で目が覚めてしまう原因は、ストレスや生活習慣の問題から来る場合が多いと考えられます。

中途覚醒だと考えられる方はこちら↓

③早朝覚醒

3つ目は「早朝覚醒」です。

早朝覚醒は、予定の起床時間よりも、かなり早く目が覚めてしまうケースです。

早くに起きてしまう原因は、加齢など年齢から来る不調ということもありますが、うつ病などの病気から来る場合も考えられます。

早朝覚醒と考えられる方はこちら↓

④熟眠障害

4つ目は「熟眠障害」です。

熟眠障害は、睡眠時間はしっかり取れているのに深い眠りにつけず、全く寝られた気がしないケースです。

熟眠できない原因は、ストレスやうつ病などの心の問題から来る場合や、睡眠時無呼吸症候群などの病気も考えられます。

熟眠障害だと考えられる方はこちら↓

まとめ

今回は、不眠症の4つのパターンについて、簡単にまとめました。

詳しい原因と改善方法は、それぞれ記事にしていますので、自分にあった対策方法を見つけて頂ければ良いなと思います。

あまりにも酷い場合は、しっかりお医者さんにかかるようにして下さい。

ではでは

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの本

タイトルとURLをコピーしました