カウンセラーの聞く技術「傾聴」基礎知識・トレーニング方法を詳しく解説

心理学
心理学 人間関係

カウンセラーの聞く技術「傾聴」基礎知識・トレーニング方法を詳しく解説

こんにちはここです

「傾聴」はとても重要なコミュニケーションの技法ですが、傾聴を使いこなせている人はなかなかいません。

自分の話ばっかりしてしまったり、相手の話はなんとなくしか聞いていなかったり、それでは良い人間関係は築けません。

人間は自分の話を聞いてくれる人のことを話し上手だと感じ、さらに好意を抱きます。

だからこそ「まずは相手の話を聴く」のです。

ただ相手の言葉だけを聞くのでは無く、心を傾け相手の感情や気持ちも含めて話を聴くことで、相手との「ラポール(信頼関係)」を築くことが出来ます。

今回の傾聴講座は、少しカウンセラーさん寄りの解説になりますが、普段の人間関係やビジネスでも幅広く使えます。

では傾聴についての知識を深めて行きましょう。


関連記事

傾聴とは

傾聴には、受動的傾聴反映的傾聴積極的傾聴というものがあります。

特にこれらを細かく使い分ける必要はありませんが、一応意味だけ軽く説明していきます。

受動的傾聴(passive listening)

受動的傾聴とは、

基本的に相手の話に耳を傾け、とにかく受け止めるという方法です。

・「うんうん」
・「なるほど」
・「そうなのですね」


このような相槌などを投げかけることで、完全に話し手が話をコントロールしているような状態の聞き方です。

まずは、この聞く姿勢がとても大切です。なのでその他の傾聴法も受動的傾聴の姿勢が前提となってきます。

反映的傾聴(refiective listening)

反映的傾聴は、

先程の受動的傾聴に加え、オウム返しのように繰り返したり、別の言葉に置き換えて伝え返す話し方です。

A「沖縄へ行ったんですよ」
B「沖縄へ行かれたんですね」


このように、相手が言ったことをそのまま繰り返します。

オウム返しをすることにより聞き手は話し手に対して「しっかり聞いていますよ」と伝えることが出来ます。

積極的傾聴(active listening)

積極的傾聴は、

オウム返しや言い換えの返しに加えて、質問なども行う方法です。

A「私はラーメンが好きなんです」
B「そうなのですね」+「どういうラーメンが好きですか?」


このように質問も加えて、積極的に相手との関係性を高めていく方法です。

そうすることにより相手がより話しやすい状態を作ることが出来ます。

ちなみに反映的傾聴、積極的傾聴はアメリカの心理学者であるカール・ロジャーズが提唱した言葉です。

傾聴の効果

傾聴をすることによりどのような効果があるのか簡単に説明していきます。

傾聴の効果

1.自己肯定感が高まる
話し手は自分のことを理解してもらえた、認めてもらえたという実感が持てるため自己肯定感が高まります。

2.ラポール(信頼関係)を築ける
相手に共感し話を聴くことで、お互いに心を許し合い信頼関係が築けます。

3.素を出せる深い悩みを話せる
ラポールが築けることで、素も出せるようになり深い悩みも打ち明けやすくなります。

4.相手を理解できる
単純に相手の話をしっかり聞くことで、細かい状況や気持ちを理解できます。

5.話し手も自分の気持ちを整理できる
聞き手だけではなく、話し手も自分の気持ちを表に出すことで整理ができます。


しっかり相手の話を聞いてラポールを築くことで、初めてアドバイスをするという次のステップに進めます。

皆さん、いきなり注意したりアドバイスをしたりしていませんか?

自分の話を聞いてくれない人の言うことをしっかり聞こうとは思わないはずです。

傾聴は、カウンセリングだけではなく仕事など色々な場面で使うことができ、どんな人の心でも開くことが出来ます。

テロリストなどを説得するようなFBIも傾聴を使っているというほど、傾聴というのはコミュニケーションの基礎であり、とても強力なものです。

話を聞くだけというとあまり凄いように聞こえないですが、相手を引き込みコントロールすることも可能なので、悪用厳禁です。

次は、傾聴の仕方を具体的に解説します。

傾聴の具体的な方法

私も人と話すのは苦手なのですが、傾聴が出来るようになると相手がどんどん話してくれるので、とてもコミュニケーションが楽になります。

これは学んでおかないと損ですね、では一緒に学んでいきましょう!



傾聴講座


まずは、傾聴に必要な態度から学んでいきましょう。

おすすめの本

タイトルとURLをコピーしました