人生に夢や大きな目標なんて必要ない理由【夢や目標よりも大切なこと】

考え方
考え方 成功

人生に夢や大きな目標なんて必要ない

こんにちはここです。

皆さん「夢」や「目標」はありますか?

夢や、やりたいことなど全然無い、と言う人も多いと思いますが、

小さい時から、先生や周りの大人達は、将来の夢は?とよく聞いてきたと思います。

まるで持っていないといけないかのように、

果たして本当に夢や大きな目標は必要なのか、私の考えなどをまとめました。

夢や大きな目標が必要ない理由

夢というのは、

主に職業とかを聞いているのだと思いますが、私は小さい時から夢などが全くありませんでした。

そもそもやってもいないのに、決めろと言われても分からない、とずっと思っていました。

当然、将来やりたいことがある人は、良いことだと思いますが、何かしら夢を持ちなさいという考えは、捨てるべきだと思います。

そもそも「夢を持ちなさい」と何を目的に言っているのでしょうか、ただ夢や目標を持ったからと言って成功する訳でも、幸せになる訳でもありません。

夢や目標が全く必要ないとか、悪いということでは無く、なんとなく適当に、夢を持てと言っているのであれば、意味は無くむしろ悪影響なのではと言うことです。

そして人生を幸せに生きる上で、夢などよりも大切なことがあるのではないか、ということもお話していきます。

まずは、夢や目標をたてると良くないと思う理由を、5つお話して行きます。

1.今を楽しめなくなる

1つ目の理由は『今を楽しめなくなる』です。

夢や大きな目標を持つことで、今を楽しめなくなってしまいます。

最初にお話したように、周りの大人は夢はないのか、とか目標は無いのかとよく聞いてきます。

目標とか目的が無いなら、成長もしないから意味がないというようなこと言われてしまうと、

夢が無いと駄目なんだ、目標が無いとやってはいけないのかな、と思ってしまう可能性があります。

そこまで直接的に言ってなかったとしても、社会全体がそう言っているように私は感じます。

幼稚園、小学校の時から、夢を持つのが当たり前とされているので、それが当たり前になっているだけだと思いますが、

中高でも、例えば部活に入ったら、大会で勝つという目標をほぼ絶対に立てますし、逆に勝ち負けではなくて、楽しそうという理由だけでは、やってはいけない所もあります。

そもそも、そういうものだからあまり疑問を持つ人も少ないかもしれませんが、逆に可能性を潰しているように感じます。

目標があるから頑張れるとか、努力をすることが大事と教わることがほとんどですが、社会で成功している人のほとんどは、目標通りには行ってない人のほうが多いです。

成功とかを抜きに考えたとしても、結果や目標が果たせたかどうかだけに目が行ってしまうと、今を楽しめなくなります。

結果や周りの評価ではなくて、自分自身が楽しめることをやりましょう。

2.夢を語ると行動力が下がる

2つ目の理由は『夢を語ると行動力が下がる』です。

夢や目標はあっても良いですが、

夢や目標が大きければ大きいほど、自分は何もできていないと感じたり、成果が感じづらくなるので、モチベーションが下がってしまうのです。

目の前のことをおざなりにしている人ほど、大きな目標を立てやすいということも分かっています。今と向き合えないと夢を叶えるのはどんどん難しくなりますよね、

そして、人は夢だったり成功している姿など、ポジティブな想像をすると、血圧が下がり、体がリラックスしてしまい行動力が下がります。

リラックスをするのは、気力を保つ上では良いことですが、無気力な状態でもあるため、それが直接的な行動に繋がるとは考えづらいです。

自己啓発などで見られる、毎日夢を唱えましょうとか、成功した姿を想像しましょうというのは、夢を叶えるという意味では逆効果になってしまいます。

あくまでも、目標はなりたい自分へのだいたいの道筋を、確認するためのものであって、結果だけを求めてしまうと失敗します。

夢や目標を持ったら具体的で、小さな目標に落とし込んでいきましょう。

3.失敗から学ばなくなる

3つ目の理由は『失敗から学ばなくなる』です。

目標を設定したり夢を立てたりしてしまうと、その目標が達成できれば良い考えるようになり、成績やスコアだけに目が行ってしまいます。

そのため、良い結果がだせなければ駄目。失敗だから次。と今の自分と向き合わなくなってしまいます。

当然、失敗と向き合おうとせず、先ばかりを見てしまっていると、何も学ばなくなってしまいます。

確かに結果は必要だとは思いますが、そう簡単に成功できるほど甘くはありません。

なので、目標!目標!ではなく、

失敗をしっかりと学びや経験に変えていき目の前のやるべきことに集中することで、結果として成功がついてくるのだと思います。

4.視野を狭めてしまう

4つ目の理由は『視野を狭めてしまう』です。

変なふうに目標を固めすぎてしまうと、そのゴールだけしか見なくなってしまい視野が狭まってしまいます。

視野が狭くなってしまうと、そこに一直線で進む事しか考えられなくなって、他のチャンスや可能性が見えなくなってしまったり、

長期的に見た時には、こっちの方が利益があるのにも関わらず、それに気づけないで損をしてしまう可能性も出てきます。

なので、夢や目標があるのは良いですが、

1つのことだけにこだわらず、複数の目標やそれに向かっていくためのルートをしっかり考えて行動するべきだと思います。

5.倫理観が失われやすくなる

5つ目の理由は『倫理観が失われやすくなる』です。

目標を設定する時に、期限を設けたりすることがあると思いますが、やる気を出すのには効果的ですが、

何度も言っているように、どうしても結果だけに目が行ってしまうようになるので、

夢や目標を達成する事しか考えられなくなり、不正やズルなどをしやすくなります。

何も考えず変なリスクをとって、逆に失敗してしまうという可能性も出てきます。

なので、ただ適当に夢を掲げたり目標を立てても、全く意味がなく結果的に成功から遠ざかってしまうと思います。

夢よりも大切なこと

最後に、夢よりも大切だと思うことをお話します。

夢があるのは素敵なことですが、何かになったら幸せになれるとか、

結果を得ることだけがゴールになってしまうと、夢が叶ったとしても幸せにはなれないと思います。

自分の夢ややりたいことを具体的に考えることで、今の自分には何が足りないのかに気づき、それを補うために、成長しようとしていくのは大切なことですが、

本当に大切なのは、夢を叶えることではなくて「今」を楽しむことだと思います。

好きな事が自然と夢や目標に繋がることであれば、それは素敵なことですが、

例え、夢や目標がなくても、「楽しそう」「やってみたい」と思うのであればやってみたら良いと思います。

いちいち理由を語らなければ、やってはいけないルールなどありません。

本当の意味での成功は、楽しい人生を送ることです。

そのためにも、変な価値観に囚われずに、今やりたいことをやれば良いと私は思います。

不確定な未来のために今を犠牲にするのはやめにしましょう。しっかり今を楽しんで欲しいと思います。

ではでは

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの本

タイトルとURLをコピーしました