自分を変えたいなら環境を変えるべき5つの理由

メンタル
メンタル

自分を変えたいなら環境を変えるべき5つの理由

こんにちはここです

皆さんは、何かしなくてはいけないと思っているのに、なかなかやる気が出なかったり、

思うようにいかなかったりすることはありませんか?

今回は、自分を変えるためには、まず環境から変えていくことが大切だという理由を5つお話していきます。

そして、環境を変えるべきタイミングや、どのように変えていけば良いのかもお話していきます。

環境を変えることの大切さ

環境が与える影響は、とても大きいです。

当然、環境にかなわない部分は多々ありますよね、

しかし、自分が出来ない理由を環境のせいにしてはいけません。矛盾しているように聞こえますが矛盾では無いのです。

それは、環境は自ら変えることが出来るからです。その環境自体を変えるのは難しいですが、違う環境に行くことは出来ます。

第一に、自分が変わりたいという気持ちが根本に無ければ、当然どこにいても変わるのは難しいと思いますが、やる気や根性だけでどうにか出来る人も少ないです。

努力をし続けたり根性だけでなんとか出来るというのは、一種の才能です。

普通はなかなか難しいことです。

なので、身を置く場所を自分に適した環境、そして成長しやすい環境に変えていくことが必要です。

では、環境を変えるべき理由と変えたほうが良いタイミングについてお話したいと思います。

環境を変えるべき理由

最初にも軽くお話した通り、環境が与える影響はすごく大きなもので、環境によって自分の成長の仕方はだいぶ変わってきます。

なので、どんな環境でも努力をすることは大切ですが、その努力を無駄にしないためにも、環境を変える努力も一緒にしましょうということです。

では、理由を5つお話していきます。

①やる気だけでは続かない

1つ目は「やる気だけでは続かない」です。

根性があれば出来るとか、本気だったら何でも出来る、という人もいますが、実際はほぼ難しいです。やる気というものは、そう長くは続きません。

努力し続けるというのも一種の才能であり、努力も当然人によって能力の差はあるはずです。

うまく集中できなかったり、怠けてしまったり、これらを意志の力だけで、なんとかしようとするのは、非効率的です。

それならば、集中しやすい環境に行ったほうが、良いはずです。自分が頑張れる環境に身を置くのです。

今からいきなり、学校を辞める。職場を変える。などという判断ができる人は、なかなかいないと思うので、

まずは、自分にとって必要のないものを捨ててみたり、部屋を綺麗にするなど、少しずつ身の回りの環境を変えてみることから始めてみましょう。

小さなことでも環境を変えてみると、集中できるようになったとか、仕事が捗るようになった、ということも全然あります。

ただやったからと言って、簡単に変わるものではありませんが、自分にあった環境を見つけるのはすごく大切です。

1人で難しいと思うのであれば、友達や家族に手伝ってもらいましょう。

②ストレスが少なくなる

2つ目は「ストレスが少なくなる」です。

これは、単純に自分と合った環境に行くことで、嫌なことが少なくなるということです。

例えば、自分をなかなか受け入れてくれなかったり、いくら頑張っても評価されないような環境にいても、

当然頑張ることが無駄になってしまいますし、ストレスばかりが溜まってしまいます。

自分が評価されやすい場所、頑張りやすい場所に身を置くことで、ストレスもなくなり、より良いパフォーマンスを発揮できるかも知れません。

ただ、自分を活かして成長できる場所と甘えられる場所は違います。

楽にやっていきたいのであれば、甘えられる所でも良いとは思いますが、何か目標があったり自分を変えたいと思うのであれば、

甘えさせてくれる場所を選ぶのではなく、良い意味で成長させてくれる場所を選ぶようにしましょう。

③選択肢や視野が広がる

3つ目は「選択肢や視野が広がる」です。

これは、環境を変えるメリットとして結構大切な部分だと思います。

例えば、住む場所や職場を変えるだけでも、選択肢の幅はぐんと広がります。

当然、ずっと同じ場所、同じ環境で同じことをしていると、成長もしづらいですし、考えが固まってきてしまいます。

違う環境に行くことで、新しい出会いも生まれやすいですし、そこからまた違った考え方を学ぶことで、今まで見えなかったものが見えてくることがあります。

環境を変えたからと言って確実に変化が起きる訳ではないですが、自分を変えてくれるきっかけに触れ合うことが出来る機会を増やしていくのは凄く良いことです。

環境が変われば必然的に出会う人も変わって行くので、また違った刺激を受けられるのではないかと思います。

1つの出逢いで、考え方などがガラッと変わることもありますからね、

④成長速度が変わる

4つ目は「成長速度が変わる」です。

人によって成長できる環境は、当然違ってきます。プレッシャーがあったほうが伸びる人もいれば、無いほうが伸びる人もいますし、

やる気の出方は人によって様々なので、しっかりとそれに合わせることで一気に成長速度は高まります。

人間は、周りにかなり左右されてしまいます。なので、より成長しやすい環境に行くというのも、大切なことです。

教えてくれる人が居る環境と居ない環境でも、成長速度は絶対に違いますよね。

自分が叶えたい夢や目標の先にいる人などと、同じ環境に行ければ、自分をもっと成長させることが出来ます。

⑤環境の変化に強くなる

最後は「環境の変化に強くなる」です。

普通に環境が変われば、うまく対応していかないと、生き残っていけないので、自分なりに色々変えていくと思います。

苦手なことも環境によっては自然にできるようになったり、やるしかない場面ではやるしかないですから、

そうやって、色々な環境に身を置くことで、その場その場での対応力もあがってきます。

変化に強くなると、かなり有利になります。どんな場面でも臨機応変に行動や考え方を変えていける人は生き残ります。

逆に頭が固く、変化に弱いとストレスも結構かかってしまいますし、生きづらくなってしまいます。

そういう対応力を身につけるという意味でも、色々な環境に行くのは良いことです。

環境を変えたほうが良いタイミング

今のままでも楽しいとか、別に現状維持で良いという人は無理して変わる必要はありません。

ただ、何も楽しめないとか成長できないと感じるのであれば、環境を変えてみるのも良いでしょう。

では、環境を変えたほうが良い人、タイミングについてお話していこうと思います。

①何も楽しめなくなった時

1つ目は「何も楽しめなくなった時」です。

学校やバイトでもなんでも、全く楽しさを感じられないのであれば環境を変えてみるべきだと思います。

確かに楽しい楽しくないだけの理由で、学校を辞めたり、職場を変えたりするのは甘いと言うか、逃げているみたい。と思われる方もいるとは思います。

将来のため、お金のためだからと、割り切れるならそれはそれで良いとは思いますが、学校や仕事の時間はとても大きなものです。

全く楽しめないとなると、メンタルにも影響してきます。今を楽しめないと、だんだん何の為にやっているんだろうと思ってしまいます。

やりたいことですら頑張るのも大変なのに、楽しくない事を続けて頑張れるとは思いません。

いきなり環境をすべて変えるのは難しいと思うので、毎日少しでも新しいことをプラスしてみたり、何か変化をつけるようにしましょう。

なるべく、今を楽しいと思える環境に身を置いてほしいと思います。

②成長できないと感じる時

2つ目は「成長できないと感じる時」です。

バイトや仕事以外でもそうですが、この環境にずっと居ても学べないだろうなと思ったら、思い切って環境を変えてみましょう。

かと言って、数日や一週間程度ですぐに変えてしまうのは本当に無意味になってしまうので、仕事に慣れるまではその環境にいるようにしましょう。

数ヶ月立ってから、やっぱり退屈だなとか、ここに居ても何も学べないなと思うようであれば変えましょう。

③嫌なことが多いと感じた時

最後は「嫌なことが多いと感じる時」です。

これは単純に、自分が落ち込みやすい環境やメンタルがやられてしまう環境には、居ないほうが良いということです。

自分が頑張れる頑張れないという問題よりも、生きづらくなってしまうということのほうが問題です。

それが根本にあると、そもそも頑張れる状態では無くなってしまいます。

なので、自分がうまく安定しないとか、素のままで居られないような無理をしなければいけない環境ならば、今すぐ変えましょう。

まずは、自分が安定できる環境に身をおけるように努力をしましょう。目標に向かって頑張るのは、またその後です。

変える為にどうしたら良いのか

では最後に環境を変えるためにどうしたら良いかを5つお話して終わりにしたいと思います。

①身の回りを整理する

1つ目は「身の回りを整理する」です。

皆、自分にとって必要なもは何だろうと、増やすことばかりを考えてしまって、自分にとって必要の無いものを手放すということが出来ていません。

いきなり環境を大きく変えるのがは難しいという人は、身の回りを整えることから始めましょう。

部屋がごちゃごちゃしている環境ではやる気も出ないでしょう。まずはそれらを整理しましょう。

身の回りの環境を整えるだけでも、少なからず環境を変えるということになります。まずはそこから変えていきましょう。

でも掃除だけで満足して終わらないようにしてくださいね!笑

②今の人間関係を見つめ直す

2つ目は「今の人間関係を見つめ直す」です。

身の回りの整理というのは、物だけではなく、人間関係でも必要です。自分の行動や言動などは周りの人によっても、かなり影響されます。

ネガティブな発言が多い人や、無理をしなければいけないような人と一緒にいると、どんどんメンタルがやられ、良くない方向に行ってしまいます。

良い環境に見をおくことも大切ですが、まずは悪い環境から身を引くことから始めてみて下さい。

あまり素の自分で居られないな、楽しめていないなと思う人間関係とは、離れるようにしましょう。

③住む場所を変える

3つ目は「住む場所を変える」です。

もし住む場所を変えられるのであれば、住む場所を変えてみるのも良いでしょう。

住む場所によって周りの人たちの雰囲気は大きく変わります。出会う人もその場所その場所で変わってくるので、自分にあった場所に行くことも大切です。

自分の理想とする人たちと一緒に居られる環境に身を置くことで、良い刺激にもなります。

そして出会いだけではなく、例えば職場までの通勤時間が減ったり、交通費が安くなるというメリットもあります。

④仕事を変える

4つ目は「仕事を変える」です。

これは一番分かりやすいかなと思います。

でも日本だと転職をすると逃げ。みたいな感じに見られてしまうことが多いですが、全然そんな事はないと思います。

流石に、3日で辞めてしまうようだと、何も学べずに終わってしまいますが、何か身についたものが一つでもあれば私はそれで良いと思います。

雰囲気の悪い会社に毎日行くよりも、明るく活気に満ちている会社に勤めたほうが絶対にいいですからね、

後は、苦手なことをやるよりも、得意なことを生かせる場所に行くべきです。

仕事を変えると人生が一変することもがありますから、初めのうちは慣れないかも知れませんが、プラスの影響は大きいと思います。

⑤色々な人に会いに行く

最後は「色々な人に会いに行く」です。

自分の憧れの人や全く違う分野の人と沢山会うことで、新しい価値観や考え方に触れることが出来ます。

そこで、やる気をもらえたり、様々な出会いが生まれることもあります。

価値のある人と会って、色々な話を聞くだけでも自分にとって凄く良い経験になると思います。

是非勇気を出してチャレンジしてみましょう。


まとめ

今回は、自分を変えたいのであれば、まずは環境を変える努力を、ということについてお話しました。

変わりたいのであれば、いきなり環境を変えろというではありません。まずは今いる環境で頑張ってみることは大切です。

その上で、いくら頑張っても評価されなかったり、うまく力を発揮できないと感じるのであれば、今の環境を見つめ直してみて下さい。ということです。

環境を言い訳にするのではなく、環境をうまく使いこなせるようになりましょう。

環境を変えたばかりの時は、少し不安定になったり、なれるまでは大変なこともあると思います。人は変化をこのまないからです。

しかし、自分が一番力を発揮できる場所に行くのが、夢や目標を叶えるための近道だと思います。

少しずつ頑張っていきましょう。

ではでは

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの本

タイトルとURLをコピーしました