嫌われるのが怖い・・嫌われないようにするにはどうしたら良い?

メンタル
メンタル 人間関係

嫌われるのが怖い・・嫌われないようにするにはどうしたら良い?

こんにちはここです

嫌われるのが怖いから、周りに合わせて生きてしまっている。

嫌われないようにしているのになぜか好かれない。。

自分を偽って生きることに辛くなっていませんか?

嫌われたくないという気持ちは分かりますが、嫌われないようにする努力というのはほぼ無意味です

今回は「嫌われたくない」という考え方を、どう変えていけば良いのかお話していきます。

嫌われるのが怖い・・

なぜ嫌われたくないのか

これを読んでいる方は、嫌われないようにどうしたら良いのか、ということが知りたいのかと思いますが、

なぜ、嫌われたくないのでしょうか。

例えば、

・誰かに認められたい
・孤独になりたくない
・皆に好きでいて欲しい 
・ただ嫌われるのが怖い 


などが、あげられるかなと思います。

認められたいという承認欲求や、集団に帰属しようとする帰属意識は、人間なら持っていて当たり前なものです。

しかし、承認欲求や一人になりたくない、嫌われたくないというもの自体が原動力となってしまうと、どんどん悪い方に行ってしまいます。

認められること、嫌われないようにすることで必死になってしまうと、自分を見失ってしまいます。その結果、誰からも好かれなくなってしまうのです。

孤独になりたくない、嫌われたくないというのは、自己肯定感の低さから来ていると思います。

自己肯定感が低いと周りに自分自身の存在を認めてもらおうとします。そして、他人に依存的になり合わせ過ぎたり、逆に相手をコントロールしようとしたりしてしまいます。

そして、自己肯定感が低いのに加えて、こうしないといけない、こうしたら嫌われるというような固まった思考も原因となります。

自己肯定感についてはこちら↓


自分に自信が無いと、相手は嫌っていないのに、嫌われていると思ってしまったり、結構良くない状態になってしまいます。

そこからどんどん恐怖や不安が出てきて、その恐怖を避け続けるために相手に合わせ、依存してしまうのです。

なので、相手に合わせるというのが、相手への優しさから来ているのか、恐怖を避ける為なのかよく考えてみて下さい。

嫌われたくないから合わせるというのは、少しずつ辞めていきましょう。

恐怖を避け続けても好かれない

皆さんも、一人になりたくない、好きでいて欲しいという考え方は少なかれあるかと思います。

しかし、嫌われるのが怖いからと、断ったりする気持ちを抑えたとしても、決して好かれるという所には結びつきません。

例えば「今日〇〇に行かない?」と誘われたとして、あなたは断れますか?

断れる人ならば、そもそも読まなくても大丈夫だとは思いますが、

行きたくないのにも関わらず、断れないのだとしたら「断るのが怖い」「断ったら嫌われる」という考えがあるからです。

自分はそれで、辛くないですか?

きっと、嫌われないようにしているのに好かれなかったり、思う通りに行かなくて、余計嫌な思いをしているのではないでしょうか、

周りに合わせても好かれないと、自分は誰からも好かれないんだ。となってしまったり、

逆に相手がおかしいんだ!と相手を否定してしまったり、極端に悪い方に行ってしまいます。

自分がしたいという気持ちではなくて、恐怖から避け続ける気持ちからくる行動は、

自分自身を満たしてあげることも出来ないし、周りに好かれることもありません。

何でもやってくれる人、都合の良い人と言われれば聞こえは良いですが、自分の意思を持たない人と一緒にいたいと思うでしょうか、

何も意見を言わない、駄目なことも言ってくれない、一見優しいように見えますが、本当の優しさとは言えませんよね。

だから、結局のところ誰かに好かれることもなく、ただ合わせているだけなので、自分自身が満たされることもないという状態になってしまうのです。

これは相手の問題では無く、自分自身の問題になってきます。

嫌われないようにする努力は無駄

同じような話になるのですが、ハッキリ言ってしまうと、嫌われない努力は無駄です。

恋人同士などであれば、嫌なことをしないように心がけたり、お互いに気遣うことは大切だとは思います。

ただ、みんなに嫌われないようにするのは、無意味です。

というよりも、みんなが自分を好きでいてくれること自体が、無理なことですよね。

あなたは、知り合った人全員を好きになれましたか?嫌いな人は1人もいませんか?

ハイと言える人はいないと思いますし、もしそうならば、それだけ浅い関係での付き合いということなか、仏の心の持ち主か。。笑

でも普通に考えたら、全員を好きになる、全員と仲良くなるというのは難しいですよね。

しかも、人の嫌いな部分、嫌われる部分というのは相手によって違います。この人はあなたのここが苦手だれど、この人は別の所が苦手、、

というように嫌いな部分はその人によって違いますし、とても曖昧なのです。

嫌われないようにしていたらどうなると思いますか?

一人一人の嫌だと思うことに、合わせなくてはいけないということです。

関わっていくすべての人に合わせなくてはいけない、ということになります。流石に自分が持たなくなってしまいます。

好きな部分は共通している

今お話したように、嫌いな部分は人によって異なります。

しかし、人の良い部分というのは、比較的みんなが同じところを良いと感じるということが、科学的に分かっています。

ということは、好かれる所、良い所を伸ばせば良いのです。そうすれば、自分をもっと積極的に出していけるようになるし、自信もついてきます。

当然、嫌われたり、嫌な目で見られるのが怖いと感じることはあると思います。

でも、もしあなたが素を出したり、本音を言ったりして嫌ってくるような人がいるのであれば、そういう人とは関わらなくて良いです。

素の自分でも受け入れてくれる場所はあります。無理してまで自分を嫌ってくる周りに合わせる必要はありません。

あなたはあなたのままで良いのです。

だから、今の自分の良い所を伸ばしていくようにしましょう。離れていくのは相手の勝手です。追う必要はありません。

悲しむ必要もありません。むしろその程度で離れていくような人なんか、逆にはやくいなくなってラッキー、くらいに思っておいて良いと思います。

都合の良い人になってはいけません。自分の人生をしっかり生きましょう。

でも。。やっぱり嫌われるのが怖い、という人はこのまま最後まで見て下さい。

恐怖を無くすには

結局考え方が分かっても、いきなり怖さを無くすことは出来ませんよね、

ただ、その怖さというのは、相手がこう思っているのではないか、という想定であることがほとんどです。

ということは、相手との問題ではなく、自分自身との問題だということになります。

もし、怖くなったり不安になってしまったら、まず紙に書き出しましょう。そして、なぜそう思うのかという本質を考えていきます。

例えば、このように考えてみます。

・何が不安?
 ↓
 断るのが怖い

・なぜ断るのが怖い?
 ↓
 断ったら嫌われるから

・なぜ断ったら嫌われる?
 ↓
 なぜだろう。。。となると思います。


このように、詰まった所で私の考え方は現実的だったのだろうかと、もう一度考え直してみて下さい。

「断ったからって、嫌うというのは考えすぎだよな。みんな、それぞれ都合があるわけだし、仕方ないこともあるよね。」などの考え方も出来ます。

ただ、恐怖や不安というのは、行動をしない限り確実に、消えることはありません。頭の中で考えていても、結果が分からないので、不安だけがよぎってしまいます。

現実的に考え、少しずつ行動できれば良いのかなと思います。他にも不安をなくす方法はいくつかありますが、今回は簡単に出来るものを紹介してみました。

紙に書くのも、不安なことなどが沢山あればとりあえず全部書きだして下さい。それからもう一度冷静になって考えてみてください。


ネガティブな感情を落ち着かせる「エクスプレッシブライティング」筆記開示のやり方はこちら↓



また、不安などは基本的に認知の偏りから来ることが多いと思うので、良かったらこちらの記事も見てみて下さい。

まとめ

お疲れさまでした。

結論だけで言ってしまえば、他人に合わせるのではなく、自分の意思で動きましょうということですね。

嫌われないようにするのではなく、ありのままの自分の良い部分を伸ばしていくようにしましょう。

1人では難しい、とにかく受け止めて欲しいと思う方はぜひ私の所にお話しに来て下さいね。

ではでは

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの本

タイトルとURLをコピーしました