[自己肯定感]今の自分を優しく受け入れる心を持つ

メンタル
メンタル 考え方

今の自分を優しく受け入れよう

こんにちはここです。

今回は、自己肯定感についてお話していきます。

自分を認めることが出来ない状態、いわゆる自己肯定感が下がっている状態だと、自分自身が辛くなってしまうだけでなく、

他の人に対してすぐにイライラしてしまったり、心に余裕が無くなってしまいます。

あなたは、シャンパンタワーの一番上のコップに例えることが出来ます。

あなたが満たされて、初めて他の人も満たすことが出来るのです。

自分に優しく生きること

もし、すぐにイライラしてしまうなとか、疲れてしまうことが多いと感じるのであれば、

それは自己肯定感が下がっているのかも知れません。。

自分に優しくしてあげることは決して甘えでは無いです。

むしろ自分に厳しくするよりも、受け入れてあげることのほうが難しいかも知れません。

自己肯定感とは

自己肯定感とは、

自分は価値のある人間、大切な存在だと思えること、ありのままの自分を受け入れることとなります。

自己肯定感をあげると、人生が豊かになります。

では、なぜ自己肯定感が低くなってしまうのか、を簡単にお話していきます。

自己肯定感が下がる理由

1、小さい時に否定されて育った

小さい時に、親や周りに否定されながら育てられたり、駄目な子、出来ない子という扱いを受けると本当に自分は駄目だと思い込んでしまうのです。

そして周りと比較されたりすると、どんどん自分に価値なんて無い、そう思ってしまうようになります。


2、失敗や挫折をしてしまった

誰にでも失敗はあります。ですがやっぱりうまく行かないと、自分は駄目だなと思ってしまったり、自信もなくなりますよね。

私も、全然うまく行っていないなと考えてしまいますし、嫌になってしまうことも良くあります。


3、周りと比較してしまう

周りと比較してしまうのは、人間の特徴というか性質的な部分もあるので仕方ないといえば仕方ないですが、

比較グセがあると他人からの評価や、周りと比べてどうしたいのかを決めてしまうので、どんどん自分が見えなくなってしまいます。

自己肯定感が低いとどうなってしまうのか

1、行動ができなくなる

自分に自信がないから、どうせ失敗する、私には無理だ、と何事も否定から入ってしまうので、行動ができなくなります。


2、他人への依存度が高くなる

自分なんかが決めてはいけない、、と他人や周りの考えや意見を頼り、自分だけでは何もできなくなってしまいます。


3、すぐ謝ってしまう

これは結構あると思います。すみませんが口癖の人いますよね。

自信が持てずに周りからの評価が気になりすぎて、ごめんなさい、ごめんなさいとすぐ謝ってしまうようになります。

怖くて行動に移せないという方はこちら↓

自己肯定感の上げ方

自分を優先にしてあげる

1つ目は、「自分を優先にしてあげる」です。

自分のやりたいと、思ったことをやりましょう。そしてやりたくないことはやらなくていいです。

やりたいこと分からない。という方はこちら↓

また、好きなことをやるというだけではなく、やりたくないことを辞めてみる、これも自分を優先することになります。
 
嫌なことをやめることで、周りにも振り回されず、心が休まります。

これだけでも自分のためになっています。

そして、心に余裕が出来てくると、やりたいことも出てくるかも知れません。

言葉を変えてみる

2つ目は、「言葉を変えてみる」です。

言葉を変えてみるというのは、

例えば、

・考えすぎてしまう性格 
 ↓↓
 慎重な性格

・失敗したからダメなやつ
 ↓↓
 挑戦しただけで凄いこと


このように、違う角度から意味を変化させて考えていきます。

これを、心理学的にはリフレーミングと言います。

リフレーミングが出来ると、ネガティブな感情が浮かんでしまっても、自然と落ち着きを取り戻すことが出来ます。

普段から、言い換える練習をしておくとより良いと思います。

親友に寄り添うかのように自分に声をかけてみる

3つ目は、「親友に寄り添うかのように、自分に声をかけてみる」です。


例えば、

親友「俺、仕事でミスしちゃって。。」
「いつも真面目に頑張って偉いと思うよ。」


このように、優しく声を掛けてあげると思います。

では自分自身なら、どう声をかけますか?

「いつも失敗してばっかりで、何も出来ないな。」などと、きつい言葉をかけていませんか?

相手に対して思うことと、自分に対して思うことを、よく比べてみて下さい、それだけ自分に対して厳しすぎるということです。

すこし不平等だと思いませんか?

それを自分で、分かっておくだけでも、考え方は少し変わってきます。

褒められたら素直に受け入れる

4つ目は、「褒められたら素直に受け入れる」です。

褒められるとつい、そんなことないです。とか、どうせお世辞だろう、とか思ったりしていませんか?

でも、それを否定するということは、言ってくれた人のことを否定することにもなるし、今まで自分がお世話になった人のことも、否定することになると思います。

なので、素直に良いと言われた所は、自分の良いところなんだ。と認めてあげて下さい。

自分を認めてあげられるようになると、相手も認められるようになります。

今の自分を認めてあげる

最後は、「今の自分を認めてあげる」です。

これは、簡単にやれといわれても、なかなか難しいとは思いますが、あなたはあなたのままで良いのです。

こんな自分は駄目だ、と思う必要はありません。今の自分をまずは受け入れ認めてあげましょう。

自分を責めることは簡単です。自分の失敗も嫌な部分もどんな自分も、今のあなたなのです。

自分から目を背けず、向き合ってあげてください。向き合うことで、はじめて前に進むことが出来ます。

最後に

今回は、自己肯定感について簡単にまとえてみましたが、

やっぱり私自身も、全然自信は持てません。

でも、最初から出来る人なんていませんし、なんと言われても良いのです。それが今の自分です。

今の自分から逃げていたら、何も変わりませんよね。恥ずかしくても自信がなくても、前に進みたければ、やるしかありません。

一緒に頑張っていきましょう。

ではでは

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの本

タイトルとURLをコピーしました