睡眠の質を高めるおすすめ睡眠改善補助サプリメント12選

不眠
不眠 不眠改善 安眠グッズ

睡眠の質を高めるおすすめ睡眠改善補助サプリメント12選

こんにちはここです

日本人の5人に1人が不眠に悩まされていると言われていますが、わざわざ病院に行って睡眠薬を処方してもらう程ではなかったり、薬に頼るのは少し嫌だと感じる人もいると思います。

最近では睡眠をサポートするサプリやドリンクなどが人気なのですが、サプリは種類が多く効果がいまいちなものもあるため選びづらいですよね。

そこで今回は、おすすめのサプリを12個ご紹介していきます。

おすすめ睡眠補助サプリ

睡眠をサポートしてくれる主な成分として、グリシン、トリプトファン、GABAなどがあげられます。

基本的にどのサプリも色々な種類の成分を含んでいることが多いですが、一応成分ごとの特徴について解説しておきます。

様々な製品が販売されていますので、ぜひ自分に合ったサプリを見つけて下さい。


食事などからこれらの栄養を摂ることも出来ます。

成分ごとの効果

グリシン

グリシンは体内で合成できる非必須アミノ酸の一種で、不眠を改善する効果や抗うつ効果があります。

深部体温を下げてくれる働きがあるので、体が熱くて眠れないという方におすすめで、深部体温が下がると自然と眠りにつくことが出来ます。

また、グリシンはコラーゲンを構成するアミノ酸なので、美容にも効果的な成分です。

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、元々体内に存在している訳ではなく食事などから摂取する必要があります。

トリプトファンは日中に幸せホルモンと言われている「セロトニン」に変化し、夜は睡眠を促す「メラトニン」へと変化します。

心身をリラックスして不眠を解消する効果や気持ちを穏やかにする効果もあるため、布団に入ってからイライラして眠れないという方におすすめです。

また、アンチエイジングやPMSを改善する効果もあるとされています。

GABA

GABAは正規名称を「ガンマ-アミノ酸」と言い、必須アミノ酸の一種で、特に脳や脊髄で精神を安定させる抑制性の神経伝達物質です。

交感神経の働きを抑制して、興奮した神経を落ち着かせたり、ストレスを緩和してくれる効果があるので、イライラして眠れないという方におすすめです。

また、GABAを摂取することで、深い眠りであるノンレム睡眠の時間が長くなるということが報告されています。


おすすめサプリ12選

健康ラボ りらすや

健康ラボのりらすやは、グリシン、L-テアニン、GABA、ラフマエキス末など8種類の休息リラックス成分を贅沢に配合した錠剤タイプのサプリです。

味の素 グリナ

味の素のグリナは、グリシンが含まれる錠剤タイプのサプリです。

大正製薬 睡眠 サポートカプセル

大正製薬の睡眠サポートカプセルは、クロセチンとGABAを配合したカプセルタイプのサプリです。

Sokaiwheel ねむりん

Sokaiwheelのねむりんはトリプトファン、グリシン、テアニン、GABAなどその他数種類の成分が配合された錠剤タイプのサプリです。

Now Foods GABA

NowFoodsの錠剤タイプのGABAサプリです。

Now Foods L-Tryptophan

NowFoodsの錠剤タイプのL-Tryptophanサプリです。

Source Naturals Magnesium Malate

SourceNaturalsのMagnesiumMalateは、マグネシウムとリンゴ酸の化合物で錠剤タイプのサプリです

ヴィジョンステイト ネムリス-nemlis

ヴィジョンステイトのネムリスは、ベネトロン、ラフマ葉エキス、テアニン、クワンソウが含まれている錠剤タイプのサプリです。

北の快適工房 北の大地の夢しずく

北の快適工房の北の大地の夢しずくは、セロトニンを増やすラフマだけではなく、ミルクペプチド、ネムノキ、クワンソウ等の複数の休息サポート成分が配合されている錠剤タイプのサプリです。

カリカセラピ SAIDO-PS501

カリカセラピSAIDO-PS501は、野生の青パパイヤを種まで丸ごと使用しており、それを発酵・熟成することによって生まれる100以上の有用成分を含んだ錠剤タイプのサプリです。

LIFEX 楽睡

LIFEXの楽睡は、テアニンが多く含まれている顆粒タイプのサプリです。

ナチュレライフ ぐっすりサフラン

ナチュレライフのぐっすりサフランは、世界一希少な原料と呼ばれるサフランから作られた錠剤タイプのサプリです。

まとめ

今回は、睡眠の質を高めてくれる12個の睡眠補助サプリをご紹介しました。

サプリにも合う合わないがあるので、いくつか試してみて効果のあるものを取り入れていくようにして下さい。

また、サプリだけに頼らず普段の食事などから気をつけていくようにしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました